500の未来

〜夏休みに入りましたね〜
早速ですが、先日「2017高校生のための企業合同説明会」に参加してきました。

会場は「高知県立県民文化ホールのオレンジホール」
ここに来るたび「全国中華料理業 高知大会」の地獄のような準備と大会成功の達成感を思い出してしまいます。


実を言うと高校生の本格採用はお恥ずかしながら昨年から。
昨年は準備不足で十分な活動ができなかったという反省も込めて、本年度は夏休み前からしっかりと学校にも訪問させていただき、いよいよ説明会当日を迎えることになりました。


参加する生徒さんは「500名」

持ち時間はわずか6分間。500名の前で何をどのように伝えればいいのか非常に悩み。。

今回はカメラマンさんやデザイナーさんに自分の伝えたいことを相談して、動画を撮って、今回はプレゼン資料もしっかりつくっていただきました。

もちろん資料を自分でつくることもできるんですが、自分の中で今回は特別。
内容はもちろん、写真や動画ひとつひとつ、文字のフォント、色、イメージ、インパクト、印象など現時点で納得いくものを何とかつくりたかったんです。

若手スタッフの仕事の様子の動画なども入れたので6分という持ち時間はパンパン。一瞬でもつまったりするとアウトだったんでカンペ片手の説明でしたが何とか無事に伝えることができたと思います。(いや願っています)

個人的には上の娘が自分の未来のために神戸に行き、下の子も挑戦したい未来が見つかり、この数年子供から教えられることがたくさんありました。そしてそれぞれの未来を考える同年代、同世代の学生さん500名。

タイトルの「500の未来」って全くオーバーな表現ではなく、目の前の極めて現実の世界で、受け入れる企業側の責任をあらためて考えさせられた貴重な体験でした。

来週は職場体験も予定しています。いよいよ夏本番です。