ソラマメからカイランへ

今から3年前、ソラマメが大好きなスタッフの提案で実現したソラマメの圃場見学。JA高知市の横田一歩さんの熱心で丁寧なの中、お米だったと思うのですが収穫後わずか数ヶ月間でにソラマメを栽培しているということを知りました。


名の通り空に向かっています。


JA高知市の横田さん

そして2年前、横田さんが突然カイラン菜を持ってこられました。えっ?高知でつくってるんですか?というのが率直な感想というか驚き。それが高知県産カイラン菜との出会いです。そして1年前にホームページ用の取材にお伺いした時にソラマメの時と同じようなお話になりました。「主に稲作の後作として栽培している…」、カイラン菜のお話を聞きにお伺いしているのですが、ソラマメの時の話がフラッシュバック。そこには共通項がありその共通項に横田さんは尽力されていると勝手に解釈し、心を動かされました。その共通項とは何なのかは敢えて書きませんのでみなさん少し考えてみて下さい。

今はこのカイラン菜をランチを中心に使っていますが、来月は旬の中国野菜としてご紹介することにしています。


多分スーパーなどどこにも売ってません


台形のかたちをした専用フィルム


葉と茎に分け加熱方法と時間をわけて調理します


今週のランチ、カイラン菜とイカのオイスター炒め

農家さん、JAさんやその他関連機関、私たちと各々立場が違うものが、このカイラン菜という野菜を盛り上げていこうと動いています。今日はもうひとつ販路と情報発信の打合せの予定。ひとりひとり、ひとつひとつの力がひとつのモノに集まって、大きな力になれたらいいと思います。