高知のが一番!

全国大会が終わって早2週間。正直少し休んで気分転換したかったのですが、この2週間はたまりにたまった会社の事務処理や資料の後片付けに追われ続けています。そして年末調整…、12月…、と一泊でいいので温泉にでもといった夢ははかなく散ろうとしています、いや99%散りました…。大会当日の式典や大宴会の様子もアップせねばと思いつつ、今はカメラマンさんからの写真を楽しみにまってる状況です。

と、ここでぼやいてもしょうがないので気分をかえて、嬉しいご報告をひとつさせていただきます。
今日の高知新聞朝刊に「カイラン菜」の記事が載っていました。


このカイラン菜、はじめてご紹介いただいて今年が4年目になると思うのですが、なによりもまず美味しいです。
新聞記事を拝借しますが、ブロッコリーでもないし、ほうれん草でもないし、アスパラガスでもない、けど表現するといえばこれらに近く、何よりも野菜の味、野菜の甘みがしっかりとしていて何ともいえず美味しいです。ニンニクと塩でかるく炒める…、これだけで十分!といいますかこれでご飯がいくらでもいけるんです。


写真左がずっとお世話になっているJA高知市の横田一歩さん。

栽培面積や生産者さんも年々増えられているそうで、学校給食にも採用、先日行われた全国大会でも県外の中国料理店の皆さんからもとてもいいお声をいただいたそうです。そして記事にある東京や大阪の市場からのお声、評価。


決して自分たちがつくっているわけではなく、つかわせていただいているだけなのですが、無性に嬉しいです。
ひねくれ者の私はあんまり高知!高知!という表現は少々苦手なのですが、内輪だけではなくこの様な市場や全国からの評価はとてもグッときました。この美味しいカイラン菜、来月からおすすめでご紹介する予定でしたが、今日の新聞掲載を記念?して明日からランチでご紹介していきます。

写真の横田さんは以前「地元で評価されるのが一番嬉しい」とおっしゃっていました。
私たちも日々の現場で「地元高知の皆さん、生産者さんへ向けての私たちができるコト」をこれからもまず第一に考え行動してゆきたいと考えます。

そしてもうひとつチャレンジしたいこと。。。
次の一歩を踏み出すため明日から準備にかかります。